目玉焼き – Wikipedia

目玉焼き(めだまやき)は卵を使った料理のひとつで、フライパンで卵を割り入れて焼いたものである。卵は主に鶏卵を使用する。2個または1個を使う[1]。黄身と白身が共に平円状となり、見た目が目玉のようになることからそう呼ばれる。

 

 

一般的にはフライパンサラダ油などの油を熱し、フライパンが暖まったところで割った生卵を投下、適度に固まったところで少量の水を入れ蓋をして蒸し焼きにする[2]。しっとりとしたものに仕上げたい場合は、樹脂加工のフライパンに油をひかずに卵を割りいれ、極弱火で焦げないように加熱する。

カリカリしたものに仕上げたい場合は、フライパンを強火で加熱しながら多めの油がかぶるように焼き上げると白身が焦げてカリカリした食感と香ばしさが味わえる。焦げ付かないよう鍋に油をなじませるのがコツであるが、鉄のフライパンなどではそれなりの技術が必要である。

オーブントースターオーブンレンジを使用し、耐熱容器・アルミホイル・アルミホイル製容器に卵を割り入れて、その熱源によって焼く方法もある[3]

目玉焼きそのものは至極単純な料理で、料理の初心者が最初に作る料理としても最適だが、単純であるだけに美味しく作るには熟練を要する。また、焼き方・焼き加減・使用する調味料によって、目玉焼きにも多くの種類が存在する。卵を熱源に投下する高さによって、熱した後の硬度が大きく違ってくる。低く投入することで卵黄球をつぶさずに熱することができ、非常に柔らかくすることができる。黄身と白身を分けて熱する手法もある。電子レンジを使用し、その電磁波により加熱させる方法もある[4]。しかし、電子レンジの出力や使用する容器の形状、卵のサイズ・量によって加熱時間をうまく調節しないと卵が破裂しやすくなるため、注意を要する。これを防止するには、割った生卵を一度容器に移し替えて黄身の部分に小さな穴を空け、ラップを掛けてから電子レンジに入れる方法がある。他に、容器に卵を割り入れた後に破裂防止のため、卵が浸る量の水を入れて加熱する調理法もある[5]。また、電子レンジ専用で目玉焼き調理用に特化した調理器具も存在する[6]。これらの調理法で作った目玉焼きは、通常焼き目や焦げ目ができないが、機能を持った電子レンジ専用調理器具を使用すれば、焼き目や焦げ目のある目玉焼きを電子レンジで作ることが可能[7]

付け合せに生野菜温野菜などを添えたりする。

診療案内

ホワイトニング、一般歯科、審美歯科、歯列矯正、デンタルエステ、リンクルセラピー